黒松仙醸

English版中文(中国語版)

蔵だより

水と米と酒に感謝する会~水神祭~

5月30日夕方から「水と米と酒に感謝する会」を開催しました。
例年執り行っている神事・水神祭に、酒米の生産者さんや研究者さんをお招きし、
お話を伺いました。

 


 はじめに、契約農家の田畑毅さん(上伊那郡南箕輪村)の酒米生産に関するお話を伺いました。
酒造好適米「ひとごこち」の田植えについて、苗からの移植と直播きのご苦労や、収量をあげるための工夫などをお聞きし、大切に酒米を栽培してくださっていることがよくわかりました。
 次に、長野県農業試験場の研究員・細井淳さんから、酒米の育種について講義をしていただきました。品種改良のノウハウなど専門的な内容でしたが、醸造に適した酒米の新品種普及までには長い年月と地道な研究の積み重ねなんだなあ、感心させられました。

 県が育成中の新品種を田畑さんに栽培していただき、仙醸で醸造試験を行う予定です。詳しい内容は、地元紙「長野日報」にも取り上げていただきました。

 
 
 敷地内の水神様の鳥居前で、神主さんに祝詞をあげていただき社員一同おごそかな心持ちで水の神様に感謝する神事を執り行いました。
 神事のあとは、今年の新酒を中心にお客様にお届けしているお酒を社員で味わう会を催し、交流を深めました。

  • 商品情報
  • 蔵元の麹を食す
  • 蔵だより
  • 酒米を知る
  • 季刊紙「蔵楽」くらら
  • 黒松仙醸facebookページ
  • 通販サイト